顔イボは自宅でケアできる

 

目元や首回りや目の下にできる顔イボに悩まされているなんてことはありませんか?

 

顔イボの原因は古くなった皮膚である角質が大きく関わってきます。
皮膚はターンオーバーの周期によって垢と一緒に取れるようになっていまが、肌のケアができていないと付着したままとなります。

 

これがだんだんと固まっていき出来上がるのが顔イボで、小さいイボがたくさんできてしまう人が多いです。。
高齢による肌力の低下、皮膚内のヒアルロン酸の低下、紫外線の影響によって皮膚力は低下をする一方となってしまいます。

 

「顔イボの王女」ではこのポツポツとできてしまうイボを自分で取る方法についてご紹介をしています。

 

  • 見ていて気持ちが悪い!
  • 他人がうつされないかと心配をして近寄ってこない!
  • ずっとこのままイボがあるままでいるのは嫌だ!

 

自分で出来る手軽な方法でどうにかして取れないかと思っている人には参考になること請負です。
私自身が同じように顔イボに悩んだことがあり、市販薬やクリームなど色々と試しました。

 

その体験談を元に顔イボを自分で取る方法について紹介をします。

 

顔イボを自分で取る方法の基本は2種類

 

顔イボを自分で取るのに重要なことは、原因を知ればおのずとどんな方法があるかが分かってきます。

 

冒頭でも紹介をしたように顔イボの原因は角質を剥がすターンオーバーの乱れによって、肌に残ってしまうことが理由となります。
そのため、肌力であるターンオーバーの促進をさせることが重要となります。

 

ただ、肌力を高めるケアであれば、もともとあなたも毎日のスキンケアを行っているのではないかと思います。
しかし、顔イボが発症をしてしまっている。

 

そのため、顔イボが取れやすい状況にする為のケアも大事となります。

 

  1. ターンオーバーの促進
  2. イボが取れやすい状態に導く

 

この2つのケアをすることが、顔イボを自分で取る方法として大事となってきます。

 

ターンオーバーの促進させるケア

 

ターンオーバーを促進させる為のケアとして大事となるのはヒアルロン酸やセラミドなどによる保湿です。

 

今までは顔イボに悩まされていないにも関わらず発症をしはじめるには原因があります。紫外線によるダメージの蓄積や加齢による肌力の低下も関係はしてきます。

 

しかし、特にヒアルロン酸やセラミドのような保湿成分が減少をしてしまっているのが大きく関係をしています。

 

加齢によって皮膚内の保湿成分は減少をたどる一方となり、これを防ぐことはできません。しかし、保湿成分は紫外線からのダメージを守るバリア機能や角質を剥がすターンオーバーに大きく関係をしてくる大事な美肌成分です。

 

そのため、保湿をしっかりとすることが重要となります。

 

顔イボが取れやすい状態に導くケア

 

このサイトを見ているあなたは顔イボの予防ではなく、すでに悩まされているはずです。

 

そのため、保湿ケアだけでなく、取り除きたいのであれば、取れやすい状況に導くケアが大事となります。

 

顔イボのような老人性イボ用の薬として有名なのであれば、イボコロリの錠剤があります。この錠剤の成分のほとんどがヨクイニンと呼ばれるハトムギから抽出された成分となります。

 

ヨクイニンは高い保湿力を持ち皮膚を柔らかくする性質があります。そのため、古い皮膚である角質が原因となっている顔イボを柔らかくし取れやすい状況にすることができるのですね。

 

老人性イボ用の薬や化粧品の多くにヨクイニンが配合されているのにはきちんと理由があるのですね。

 

人気の顔イボのケア用化粧品

 

顔イボのケア用化粧品といっても様々な種類の物が販売されています。

艶つや習慣もあれば、クリアポロンやシルキースワンなど人気のはいくつかあります。
しかし、人によってどれがあっているかは異なってきます。

 

それぞれのケア用の化粧品にも特徴があり、どういう人向けなのかも変わってくるのですね。

 

顔イボのケア用化粧品については参考になるサイトがあったので、そちらを見ると良いかと思います。このサイトでは自分で取る方法については解説をしていますが、本気で悩んでいる人の為に信じて貰えるように、あえて化粧品については紹介をするつもりがないです。

 

それに新しいものがどんどんでてきますからね。

 

顔イボはケアだけでなく予防も大事!小さいイボが増えるのを防ぐ

 

顔イボは発症をすると大量にポツポツとできてしまうことが多いです。

 

ウイルスが原因ではなく肌力の低下が関係をしているので、当然のことながら感染した部分だけではなく、ケアができていない皮膚の部分にどんどんできてしまいます。

 

特に顔や首にできやすいのですが、その理由は露出をしている部分でもあるので紫外線を浴びやすく、肌力が低下をしやすいのが関係しています。

 

そのため、ケアをする上で大事となるのは上記の2つを含む化粧品や化粧水でのケアだけでなく、紫外線対策も同時に行うことです。

 

特に最近では排気ガスなどによりオゾン層の低下などによって、日当たりが強くなったりしています。きちんと紫外線対策として日焼け止めクリームを使って紫外線ダメージを防ぐようにしていきましょう。

 

 

 

トップへ戻る